455HPとびら (1).jpg
最近の記事

2016年04月29日

「映画芸術」455号発売!

455_H1_ol.jpg


新作インタビュー
ディストラクション・ベイビーズ
柳楽優弥  


団地
阪本順治
地べたの人間喜劇から最も遠く離れたものは何かなと思ったらこんな話になったのです

論考
七里圭

64−ロクヨン−前編・後編
瀬々敬久
初めに頭に浮かんだのは『ミスティック・リバー』。運命のあやが違えば人は入れ替わるということです

論考
深作健太

新作レビュー
セトウツミ 菊地健雄 よりそい、みつめること
ヒメアノ〜ル 小泉義之 不幸を追求する権利
蜜のあわれ 近藤希実 行く先はステキな地獄であってほしい
クリーピー 偽りの隣人 中原昌也 他者の不可知性、そこから垣間見る絶望を撮っている
緑はよみがえる 青山真治 歌は命令できない
ルーム ROOM 川口敦子 一人称による物語をいかに消化/昇華したか
サウスポー いまおかしんじ そんなに鍛えてどうするの?
オマールの壁 港 岳彦 うしろめたさを覚えるほどの快活さ
ホース・マネー 足立正生 辛苦の痕跡のなかに美しく漂うもの

サエキけんぞうのシネマでカルチャー最前線2
音楽映画の多機能な意義をめぐって

創刊70年記念再録1 1966年7月号
初来日ゴダール、大いに語る
特報座談会 J・L・ゴダール 自身がはじめて日本で語った彼の映画論 ゴダールとわれわれ
矢島 翠 吉田喜重 大島渚 斎藤竜鳳 石堂淑朗 蔵原惟繕 白坂依志夫 司会 小川 徹

追悼 ジャック・リヴェット
パスカル・ボニゼール 連載インタビュー 魚住桜子

追悼 金沢正夫
藤澤順一 右手の親指と人差し指で髪の毛をいじりながらキャメラ脇で悩んでいましたね
芦澤明子 金沢さん、光は人なり、といまになって思います
志村昭裕 わずかでも記憶に残るようなカットを撮るために工夫する姿勢でした

追悼 寺田緑郎
佐々木原保志 弔辞 撮影者・寺田緑郎殿
長田達也 記憶に残さないと……
柳田裕男 彼と最後は笑いで終わる
周防正行 全てを見逃すまいとする「目」

映芸ジャーナル
『ディストラクション・ベイビーズ』『モヒカン故郷に帰る』『台湾新電影時代』『葛城事件』『VILLAGE ON THE VILLAGE』『夢の女 ユメノヒト』『ふきげんな過去』
若林 良 桝田 豊 菊井崇史 武隈風人 大沢 愛 下山航平 磯田 勉

私の映画史 日本映画篇 家族映画
大林宣彦 佐藤忠男 川口敦子 松原信吾 福間健二 浦崎浩實 山田太一 上島春彦 中村征夫 大野直竹 寺脇 研 宇田川幸洋 河村雄太郎 長谷川法世・悦子 稲川方人

連続斗論第17回目 阪本順治×西部 邁×佐高 信×寺脇 研
『ジョーのあした 辰吉丈一郎との20年』

連載 笠原和夫日記8 1960年10月〜12月
 
Book Reviews
寺脇 研 藤浦 敦著・藤木TDC構成「日活不良監督伝 だんびら一代 藤浦敦」
阪本順治 山根貞男著「日本映画時評集成1976−1989」
安藤 尋 佐々木敦著「ゴダール原論 映画・世界・ソニマージュ」
新城勇美 アサイ著「木根さんの1人でキネマ 1巻」 
ファビアン・カルパントラ 原一男著「ドキュメンタリーは格闘技である」
小川智子 足立紳著「乳房に蚊」
高取 英 本橋信宏、東良美季著「エロ本黄金時代」
千浦 僚 内藤篤著「円山町瀬戸際日誌 名画座シネマヴェーラ渋谷の10年」
井川耕一郎 サミュエル・フラー著「サミュエル・フラー自伝 わたしはいかに書き、闘い、映画をつくってきたか」

連載
out of screen のむみち
わたなべりんたろう
韓米映画合戦
長谷川元吉
大木雄高
荒井晴彦ノート
posted by 映芸編集部 at 17:30 | レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする