無題.png

2009年08月06日

映芸シネマテークvol.4の上映作品が決定!!

 映画芸術が主催する上映会、映芸シネマテーク(旧映芸マンスリー)も3年目に突入し、これまで以上に問題提起型のイベントを目指してがんばっていきたいと思います。
 映芸マンスリーとなって4回目にあたる次回の開催日は9月1日(火)。本誌428号の特集「インディペンデントの現在」の番外編という位置づけで、座談会の出席者である井土紀州監督の1998年作品『百年の絶唱』、そして昨年の水戸短編映画祭でグランプリを受賞した今泉力哉監督の『微温(ぬるま)』を上映します。10年ほど前に井土監督がフィルムで撮り上げた作品と、気鋭の若手監督を輩出する水戸短編映画祭を制したデジタルビデオ作品を同時に体感してみてください(『百年の絶唱』は16ミリブローアップ版で上映する予定です)。
 上映後には、井土監督、今泉監督、荒井晴彦によるトークショーを行い、インディペンデント映画の変容について語っていただきます。どうぞお楽しみに。

9月1日(火)「インディペンデントの変遷」

『百年の絶唱』(8ミリ/カラー/87分/1998)
「百年の絶唱」02.jpg
脚本 監督:井土紀州
製作:吉岡文平 松岡亮 中澤純子
撮影:西原多朱 照明:伊藤学 追加撮影:高橋和博 助監督:馬見塚仁 
録音:菊池信之 録音協力:シネマンブレイン 鈴木昭彦 真弓信吾 竹平時夫
出演:平山寛 葉月螢 加藤美幸 坪田鉄矢 佐野和宏

〈あらすじ〉
中古レコード屋でアルバイトをしながら別れた女のことが忘れられず虚ろな日々を送っている青年平山。失踪した男が残したレコードを引き取ってくれという依頼に、その部屋を訪れた平山は、そこでこの世のものとは思えぬ異様な声を聞く。それが全ての始まりだった。徐々に彼の周りで異変が起こり始める。失踪した男のレコードを返せと平山に付きまとう女。抜けた歯。血痕を這うなめくじ。留守番電話に吹き込まれた口笛。古いレコード。廃墟の小学校。ダムの底に沈む村。木箱に閉じ込められた行き場のない想い。やがて、平山に失踪した男の記憶が浸透し始める。もう誰の記憶かわからない。平山はつき動かされるようにある目的に向かって行動を起こした……。井土紀州が、その重厚な物語作者としての存在を日本映画の現在に刻み付けた記念碑的作品。
※あらすじ部分はスピリチュアルムービーズHPより転載


第12回水戸短編映像祭グランプリ
第5回シネアストオーガニゼーション大阪オープンコンペ部門入選
『微温(ぬるま)』(DV/カラー/44分/2007)
nuruma.jpg
監督:今泉力哉
スタッフ:村松英治 米田浩章 宋晋瑞 野中敬史
出演:井上悠 笈川理紗子 芹澤興人 大野裕佳子 大迫一平 奥谷彩紀子

〈あらすじ〉
二股の二番目と知りながら亮介と付き合った町子。それでも、やっぱり本命の女朝子とは別れてほしい。そんな町子の想いをはぐらかしながら、亮介は朝子との関係を続けている。しかし、亮介は朝子から突然、別れの宣告を受ける。その裏には、町子と朝子それぞれの思惑があった……。今を生きる若者の「微温」的な生態を軽妙なセリフと凝った展開で見せる、誰もハッピーにならない新世代ラブコメディー。

※『微温』予告篇はこちら

ゲスト 井土紀州&今泉力哉&荒井晴彦

開場:18時30分  開演:19時 
※本編の上映後に50分程度のゲストトークあり

会場:シアター&カンパニーCOREDO
千代田線乃木坂駅2番出口すぐ右隣のビル地下1階
港区赤坂9-6-41 乃木坂ビルB1
電話 03-3470-2252

入場料金 当日1,800円 予約1,500円(1ドリンク付き)

* 『百年の絶唱』は16ミリブローアップ版、『微温』はDVDでの上映を予定しています。
* 予約は電話、メールにて承ります。下記まで、お名前、連絡先(電話番号/メールアドレス)、枚数をお知らせください。予約にて定員(45名)となった場合、当日券はございません。

主催:映画芸術+シアター&カンパニーCOREDO 企画制作:映画芸術
予約・問い合わせ 映画芸術編集部
TEL:03-6909-2160 FAX:03-6909-2161
メール:eigei*y7.dion.ne.jp (*を@に変えてご入力ください)
posted by 映芸編集部 at 20:00 | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする