460HPトビラ.jpg

2014年03月06日

日本映画大学主催 国際シンポジウム+上映「映画とバリアフリーをめぐって」のお知らせ


2つの討議と映画2作品の上映からなる国際シンポジウム「映画とバリアフリーをめぐって」が3月15日(土)に日本映画大学で開催されます!
JIMI_SYMPOSIUM-web.jpg

★劇場未公開作品の上映! モーリー・スルヤ監督作品『愛について語るとき、語らないこと』は世界の映画祭で絶賛を博し、東京国際映画祭2013年で上映されるも、いまだ国内では劇場未公開の作品です。この貴重な機会にぜひご覧ください!
★要約筆記付シンポジウム
2つのシンポジウムには、聴覚障碍者向けに要約筆記が付きます。

【日時】2014年3月15日(土)12時30分開場/13時00分開演(20時終了予定)
【定員】100名/全席自由席
【場所】日本映画大学新百合ヶ丘キャンパス4階大教室(小田急線 新百合ヶ丘駅北口徒歩1分)
【参加費】無料(先着順)※当日、12時30分より受付開始。直接会場へお越しください。

【プログラム】
・13:00 映画上映@
『愛について語るときに、語らないこと』監督:モーリー・スルヤ(2013/インドネシア/104分) ※日本語字幕付き上映
・15:00 シンポジウム@
「映画から考えるユニヴァーサル・デザインの設計」
・16:30 映画上映A
『AIKI』監督:天願大介(2002/日本/119分) ※英語字幕付き上映
・18:45 シンポジウムA
「作り手にとってのユニヴァーサル・デザインの在りかた」

【パネリスト】
・シンポジウム@
リリー・ヒンシュタン(フランス/ベルフォール国際映画祭作品ディレクター)
山上徹二郎(株式会社シグロ代表/NPO 法人メディア・アクセス・サポートセンター理事長)
磯村歩(モビリティデザイナー)
土田環(日本映画大学准教授)
・シンポジウムA
モーリー・スルヤ(映画監督/インドネシア)
天願大介(映画監督)
石坂健治(日本映画大学教授/東京国際映画祭プログラミングディレクター)

JIMI_SYMPOSIUM-web2.jpg

【公式ページ】http://www.eiga.ac.jp/exchange/art_management/symposium.html
【問い合わせ】日本映画大学 映画・映像アートマネジメント人材養成講座事務局 044-328-9123(電話)

posted by 映芸編集部 at 18:52 | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする