466HPトビラ.jpg

2019年01月29日

映画芸術466号発売!

466表紙.jpg

2018年 日本映画ベスト&ワースト

【ベスト】
1.きみの鳥はうたえる(監督/三宅 唱)
2.寝ても覚めても(監督/濱口竜介)
3.菊とギロチン(監督/瀬々敬久)
4.勝手にふるえてろ(監督/大九明子)
5.ニッポン国VS泉南石綿村(監督/原 一男)
6.ごっこ(監督/熊澤尚人)
7.ハード・コア(監督/山下敦弘)
8.かぞくへ(監督/春本雄二郎)
8.友罪(監督/瀬々敬久)
10.ガチ星(監督/江口カン)
※8位は同率

【ワースト】
1.万引き家族(監督/是枝裕和)
1.止められるか、俺たちを(監督/白石和彌)
3.カメラを止めるな!(監督/上田慎一郎)
4.菊とギロチン(監督/瀬々敬久)
5.Sunny 強い気持ち・強い愛(監督/大根 仁)
6.妻よ薔薇のように 家族はつらいよV(監督/山田洋次)
7.寝ても覚めても(監督/濱口竜介)
8.サニー/32(監督/白石和彌)
8.素敵なダイナマイトスキャンダル(監督/富永昌敬)
10.音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!(監督/三木 聡)
※1位、8位は同率

相田冬二 石飛徳樹 磯田 勉 岡本安正

荻野洋一 小薗賀津雄 小薗裕美子 川口敦子

志村秀人 新宿かぼす会 田辺隆史 千浦 僚

寺脇 研 中村賢作 ファビアン・カルパントラ

細谷隆広 前田耕作 山下絵里

吉田伊知郎 渡辺武信 渡辺葉子


2018年日本映画の波動

『万引き家族』と『カメラを止めるな!』の間に

上野昂志 寺脇 研 荒井晴彦 稲川方人


『半世界』

【インタビュー】

阪本順治 「世界」という言葉を正しく使いたかったんです

【レビュー】

山㟢高裕 お前が立ち上がる そこが世界だ


『空の瞳とカタツムリ』

【鼎談】

縄田かのん 中神 円 松枝佳紀

十百子と夢鹿の葛藤は私たちの心に隠された感情と繋がっています

【インタビュー】

荒井美早 心を抱くこと、体を抱くこと 穢すこと、清めること

【対談】

成田尚哉 斎藤久志 言葉の観念をいかに肉体化させるか そこが演出の勝負です


『多十郎殉愛記』

【インタビュー】

中島貞夫

京都そして時代劇、この眩暈招く企図に中島貞夫が挑んだ『多十郎殉愛記』

殺陣とはなにか、死に至る闘いの果てに幕末の浪人はなにを見たか 中島貞夫、二十年振りの演出が冴える


追悼 渚ようこを偲ぶ

横山剣 ようこちゃんが残してくれたもの

三上寛 ナギサのこと 

足立正生 その歌声、されど響く

ソワレ ポン友へ 

山田広野 渚さんとの20

笹目浩之 永遠に新宿に生き続ける

荒井晴彦 バスエの女

中島雄人 横丁のオバサン同士のように


〔アンケート〕私の好きな歌謡曲

佐伯俊道 佐藤利明 下田逸郎 堀内 恭

上島春彦 田辺隆史 川口敦子 寺脇 研

浦崎浩實 丸内敏治 絓 秀実 渡辺葉子

細野辰興 中村征夫 渡辺武信 河村雄太郎

長谷川法世・悦子 吉原秀則 稲川方人 荒井晴彦


追悼 長部日出雄

鍋島壽夫 『夢の祭り』の思い出

高崎俊夫 未生の川島雄三評伝


追悼 角替和枝

高尾祥子 いつも人のために生きていた和枝さん


小松範任 追悼上映会 ――2018年6月30日 日本映画大学――

伊藤俊也 小野沢稔彦 布村 建 和田 周

菅 孝行 佐伯俊道 山際永三 小平 裕

ジャン・ユンカーマン 宮田毬栄

細野辰興 横山博人 三好幸子


新作批評

『ブラック・クランズマン』

上島春彦 アメリカ映画史への異議申し立て

『山〈モンテ〉』

辻 秋之 闇にこだまする映画スピリット


イ・チャンドン インタビュー

取材・構成=魚住桜子

時代のトレンドに逆行して、生きるとは何か、世界とは何か、と問いかけてみたかった


映芸ジャーナル

菊井崇史 寺本郁夫 武隈風人 小薗裕美子

桝田 豊 近藤希実 磯田 勉

『ワイルドツアー』『女王陛下のお気に入り』『ナポリの隣人』『天然☆生活』『MOST  BEAUTIFUL  ISLAND』『バハールの涙』『歯まん』


Book Reviews

菅 孝行 内田洋一著「風の演劇 評伝別役実」

福島みずほ 中野理恵著「好きな映画を仕事にして」

桝井省志 佐々木史朗著「時の過ぎゆくままに」

高橋若木 菅 孝行著「三島由紀夫と天皇」

渡辺武信 吉田広明著「西部劇論 その誕生から終焉まで」

正津 勉 「かつて10・8羽田闘争があった:山ア博昭追悼50 周年記念」寄稿篇/記録資料篇

井上淳一 間賢治著「撮影監督 間賢治の映画撮影記」

磯田 勉 木全公彦著「誰も知らない日本映画の裏面史 スクリーンの裾をめくってみれば 」


連載

志村秀人 そこに風は吹いているか

菅孝行の戦後史 ことにおいて後悔せず 

サエキけんぞうのシネマでカルチャー最前線13

笠原和夫日記1961年

韓米映画合戦 寺脇 研×荒井晴彦

LADY JANE」又は下北沢周辺から

雀の涙 春日信一

わたなべりんたろう 日本未公開傑作ドラマ紹介

荒井晴彦ノート

編集子雑感

posted by 映芸編集部 at 20:38 | レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする