460HPトビラ.jpg

2008年04月18日

月曜COREDOシアター「映芸マンスリー」
5月〜6月の上映作品決定!!

 おかげさまで映画芸術が主催する上映会「映芸マンスリー」も一周年を迎えました。動員は伸び悩んでおりますが、前向きに頑張っていきたいと思いますので、今後とも宜しくお願いします!
 2年目の第一弾となる5月は香港映画祭のアジア・フィルム・アワードで「エドワード・ヤン記念」アジア新人監督大賞を受賞した石井裕也監督の『ガール・スパークス』を、6月は若松孝二監督の話題作『実録・連合赤軍』のメイキングを上映します。
 詳細は以下の通りですので、是非是非ご来場くださいませ。なお、7月の上映作品については当サイトにて近日中に発表いたします。



続きを読む>>
posted by 映芸編集部 at 19:00 | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

月曜COREDOシアター「映芸マンスリー」
11月〜1月の上映作品決定!!

 映画芸術が主催する上映会「映芸マンスリー」の11月〜1月までの上映作品が決まりましたので、お知らせいたします。
 11月は新東宝映画のプロデューサーである福原彰さんの監督デビュー作『ETUDE』(うずく人妻たち 連続不倫)を、12月は9月4日に亡くなられた佐藤真監督の『阿賀の記憶』を上映いたします。
 また、来年1月は映芸マンスリー初の試みとして、学生映画の秀作を集めて一挙に上映する予定です。映画を専門とする学校の作品と映画サークルの大学生が作った作品が同時に上映される機会は少ないと思いますので、興味のある方は是非ご来場ください。皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。

続きを読む>>
posted by 映芸編集部 at 15:59 | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月20日

月曜COREDOシアター「映芸マンスリー」
8月〜10月の上映作品決定!!

「映画芸術DIARY」と同時に開始された月例上映会「映芸マンスリー」は、上映機会の少ない優れた作品を観客に届けようと企画したものです。これまで斎藤久志監督『ホワイトルーム』を皮切りに、太田綾花監督『花のこえ』、佐向大監督『まだ楽園』を上映してきました。毎回、監督や出演者の方々をお迎えしてトークショーを行い、観客の方々と作り手の距離を少しでも近づけようと努めております。また、オープニングトークとして映画評論家・野村正昭さんによる「今月のスイセン映画」を毎月開催し、ライブ版「映画芸術」として情報発信していきたいと考えています。不慣れな運営でお見苦しい点もあるとは思いますが、皆様のご来場、心よりお待ち申し上げております。

続きを読む>>
posted by 映芸編集部 at 14:20 | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする